コンテンツ

施術メニュー

CLOSE

MENU施術メニュー

  1. HOME
  2. ⼤阪市⺠対象検診
⼤阪市⺠対象検診

大阪市にお住いの女性の方
受診費400円で子宮頸がん検診を受けられます。

子宮頸がんは、他のがんと違いヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスへの感染が原因で起こる病気です。性交渉したことがある女性であれば誰でもかかる可能性があり、近年20・30代の若い女性の間で急増しています。初期の子宮頚がんは無症状なことが多く、自覚症状が現れる頃にはがんが進行してしまい死亡率が高まるだけでなく、妊娠や出産も望めなくなります。

子宮頸がんは早期発見して治せる病気です

子宮頸がんは子宮の入口に発症するため検査や目視による発見がしやすく、がんの中でも検診効果が高いとされており、 初期の段階に適切な治療を施せば治癒率が高く妊娠・出産も十分可能です。 そのため、きちんと検診を受けてさえいれば子宮頸がんは比較的簡単に治すことの出来る病気と言えます。
あなたのため、そして将来生まれてくるであろう赤ちゃんのためにも、20歳を過ぎたら全く症状が無い方でも2年に1回は子宮頸がん検診を受診するようにしましょう。

受診費用 400円
超音波検査をご希望の方 別途1,500円
HPV検査をご希望の方 別途6,000円

特定の年齢の方に大阪市から配布されるクーポン券をお持ちの方

受診費用が無料になるクーポンが大阪市から配布された方は、ご持参のうえご来院ください。

○ 受診時に必要なもの

  • 1.無料クーポン券(表面に記載のある本人以外は使用できません)
  • 2.マイナンバーカード・健康保険証・運転免許証など(住所と生年月日が確認できる書類)

TAKA LADIES CLINICが大阪市子宮頸がん検診を推奨する理由

子宮頸がん検診を受けたことが無い方からすると
「何をされるかわからないから怖い」
「すごく痛そう」
「検査費用が高額だったらどうしよう」
と言って受診に二の足を踏まれている方も多いのではないでしょうか。
一般的に子宮頸がん検診を受けるとなると数千~1万円程度の費用が掛かりますが、大阪市民の方であれば自己負担400円で受診して頂けます。(予約不要)
また、検査は子宮の入口を専用のブラシで軽くこするだけですのでほとんど痛みを感じることはなく時間も数分で済みますので、初めての方でも安心して受診して頂けます。
子宮頸がん検診だけでももちろん大丈夫ですし、他の治療や診察を受けるついでに併せて検診されるのもおすすめします。

受診対象者

大阪市に住民票がある20歳以上の女性で2年に1回
(令和3年度は明治・大正・昭和の偶数年、平成の奇数年生まれの方が対象。ただし前年度受診していなければ、生まれ年に関わらず受診して頂けます)

令和3年(2021年)度の受診対象者

生まれ年 受診年度
大正・昭和の偶数年生まれ 及び 平成の奇数年生まれ(西暦の場合は奇数年生まれ) 令和の奇数年度(西暦の場合は奇数年度)
大正・昭和の奇数年生まれ 及び 平成の偶数年生まれ(西暦の場合は偶数年生まれ) 令和の偶数年度(西暦の場合は偶数年度)

※誕生日が1月1日~3月31日の方の場合、20歳になる年度は前年度受診の有無にかかわらず対象外です。
次年度以降に受診してください。

受診方法

大阪市からとくに連絡や受診券が送られてくることはありません。
また、受診にあたり事前に手続きを行う必要もありませんが、ご来院の際は必ず「大阪市の子宮頸がん検診を受診したい」とお伝えください。

検査結果

ご希望の方は結果を郵送可能です。(別途郵送料必要)

⼤阪市⺠対象検診Q&A

普通に⼦宮頸がん検診を受けるのと何が違うのですか?
検査内容⾃体は同じです。⼦宮頸がん検査を前年度に受けていない(2 年に 1 度)⼤阪市⺠の⽅は、制度を活⽤することで、⼦宮 頸がん検診を 400 円で受けていただけます。ただし、不正出⾎が⾒られるなど異常を感じられた場合は、⾃費診療になりますが、 市⺠検診のタイミングを待たずに直ちに検査を受けてください。